【クローズ就労】知らないと怖いデメリットとメリット

【クローズ就労】知らないと怖いデメリットとメリット

クローズ就労のメリット・デメリットは?

誰がいつどのようにしてなるのかも分からない障害。生まれた時から障害を持っている人もいれば高齢となり、病気などによって障害を患ってしまう方もいらっしゃいます。

障害のある方は様々な場面に生きていく辛さを感じることもあり、障害によって社会参加が難しくなる場合も少なくありません。

そのような方は生活保護や給付金によって生活している方もいるかと思います。

しかし、中には働きたいのにうまく就職先が決まらないという方や障害があるのにどのように働けばいいのか分からないという方もいるかとは思います。

大まかに障害者の就労を分類すると、障害を企業に公表して障害者として働くオープン就労と障害を公表せずに一般の方と同じように働くクローズ就労とに分かれます。

個人的には、障害のある方にはオープン就労をおススメしています。

>>【オープン就労】4つのメリットとデメリット【給料は低くない!?】

オープン就労・クローズ就労にはそれぞれメリットデメリットがあるのですが、クローズ就労のメリットである給料が高いということや求人数の数というのは、オープン就労のやり方によってはクローズ就労だけのメリットではなくなります。

その、オープン就労のやり方とは『障害者の転職支援サービス』を利用することです。障害者の転職支援サービスのエージェントについては、『障害者の求人情報 転職・就職エージェントとは?利用で給料アップ!』を参考にしてください。

ちなみに、最もおすすめのエージェントは『DODAチャレンジ』というエージェントです。さらに、『障害者雇用バンク(旧エラビバ)を同時利用することによってさらに、良い就労へ近づく可能性を上げることが出来ます。

>>DODAチャレンジ公式

>>障害者雇用バンク公式

その他の、おすすめエージェント

その他の、おすすめエージェントは障害別にまとめていますので参考にしてください。

しかし、それを考慮しても、オープン就労かクローズ就労で迷っている方のために今回は、クローズ就労のメリットとデメリット。そしてどのような方にクローズ就労が向いているのかという条件等を解説していきたいと思います。

クローズ就労のメリットやデメリットは?必要な条件は?

クローズ就労って何??

クローズ就労ってなに?

そもそも、クローズ就労とは何なのでしょうか?

上記で軽く説明をしていますが、クローズ就労とは就職のときに企業側に障害がありますということを伝えずに入職し、一般の方と同様に働くことです。

就職活動の際の面接においても積極的に自分から障害の公表などもしないということです。

しかしながら、注意点として一つ。もし面接の際に病歴などを問われた場合は素直に答えることをおすすめします。最悪解雇ということになりかねませんのでお気をつけください。

クローズ就労のメリット

クローズ就労のメリット

上記の説明でクローズ就労というものがどのようなものかというのは、なんとなく分かったかと思います。

ということで、さっそく本題に入りますが、障害を公表せずに障害を隠し通して就職をする理由というのは何なのでしょうか?

のちに説明しますが、クローズでの就労には大きなデメリットもあり難しいものでもあります。

クローズ就労のほうが給料がいい

クローズ就労は先述したように、一般の方と同じように働くので給料は一般の方と同じ分支払われるということです。

ちなみに、障害者雇用枠の平均年収と健常者の平均年収は以下の通りです。

障害者枠の平均年収=250万円

健常者の平均年収=360万円

この平均年収を見てみると障害者枠での就労が健常者と比較して給料が100万円以上も低いというのが分かります。

なぜ、障害者雇用枠のほうが平均年収が低いのかを考えるとまず一つは、企業側が障害のことを配慮して雇わなければならないという、健常者にはない労力が必要なことから給料の低さにつながっていると考えられます。

しかし、障害者の就労の求人を以下の就職エージェントの求人等で見てみると、大手企業等も存在し、給料も一般就労と大差ない求人も多く見られます。

このことからも、能力によっては給料は高くなるということが分かりますし、この平均年収の中に福祉的就労も含まれているのであれば、平均年収は100万ほどの差はないのではないかと考えられます。

しかしながら、障害者雇用枠での就職のほうが給料が低くなることは事実であり、そのことを理由にクローズ就労を行う方も多いようです。

クローズ就労は周囲に気を遣わせない。健常者と変わらず接してもらえる

人によっては、障害のことについてあまり触れてほしくないという方や、特別扱いされたくないという方もいらっしゃいます。

オープン就労のメリットとしては、障害のことを理解してもらい配慮してもらえることにありますが、人によっては配慮なんて必要ない。という方もいるかと思います。

そんな方はクローズ就労を行うことで一般就労の方と同じように扱われたいという希望をかなえる方もいらっしゃいます。

クローズ就労の方が就職活動の際に受かりやすくなる

実際、法令によって障害を理由として不採用とすることは禁止されております。

しかし、就職活動の仕方によってはやはり、クローズ就労はオープン就労よりも採用されにくくなるようです。

しかし、現在は障害者雇用促進法の改定など、国の取り組みもあり徐々に障害者の就労は進んできております。

さらに、就労移行支援事業者や就職エージェントのサービスを利用することによって障害者枠での就労も簡単になるのでこれは大きなメリットとは言いずらい面もあります。

クローズ就労のデメリット

クローズ就労のデメリット

ここまでは、クローズ就労のメリットについて記載していきました。給与の面~心理的な面までクローズ就労にはメリットがあることが分かったかと思います。

しかし、甘い話には裏があるものでクローズ就労にもやはりデメリットや気を付けなければならないことが存在し、デメリットが就労に関して大きな影響をもたらしてしまう場合もあります。

そのため、以下のようなデメリットを理解した上でメリットを考慮することをおすすめします。

クローズ就労では障害に対する配慮がない

先ほど、メリットとして一般就労と同様に扱ってもらえる。ということを記載しましたが、逆にこれはデメリットともなりえます。

例えば、精神障害で調子の悪い日に作業ペースが遅くなったり、仕事が進まない日があったとします。

オープンでの就労の場合は、上司にその旨を説明することによって休憩を取らせてもらえたり、作業ペースが遅くても理解していただくことができます。

しかし、クローズ就労となると、上司は障害があるとは知らないわけですから作業ペースが遅い場合や仕事を継続することが不可能となった場合にさぼっていると思われてしまう可能性も十分に考えられます。

さらに、服薬の時間の確保なども困難になるため、症状が安定していない場合のクローズでの就労はかなり困難なものとなります。

クローズ就労の職場定着率は低い

クローズ就労に関してはデータとしても就労の定着が難しいということが明らかになっています。

クローズで就労で働いている障害者の離職率は1年以内で38%にも及ぶといわれています。さらに、5年以内ともなると離職の割合は60%にもなり半分以上の方が継続して働くことができていないことが分かります。

職業リハビリテーションや障害者就労の目的としてよく言われることは障害者就労は就職することがゴールではなく、就職し、その職場に定着することがゴールなのです。

定着率を上げるにはエージェントの利用が必要となります。エージェントによっては定着率が90%を超えるエージェントも存在するのです。

>>【おすすめ】障害者のエージェントや就職サイト13社の特徴を徹底解説

実は、クローズ就労では、オープンでの就労と比較して職場への定着率が低いといわれています。

その背景としては前述したように、障害への配慮が受けることが困難なため、周囲への相談ができないことや、障害による人間関係の悪化などが考えられます。

やはり、職場への定着のためには障害を理解してもらうことが近道となるようです。

クローズ就労して障害が後に発覚した場合最悪解雇も!?

クローズ就労では障害を隠しての就労となります。

入職してから、もしも体調の不良などによって障害のことが企業にばれた場合最悪クビになってしまうこともあります。

障害者だから解雇ということはできませんが、「不実記載」「不実申告」を指摘され採用取り消しとなる場合がありますので注意が必要となります。

クローズ就労のメリットデメリットまとめ

クローズ就労のメリットデメリットまとめ

今回は、クローズ就労のメリットやデメリットを中心に解説しました。

クローズ就労の最も大きなメリットはやはり給料の面かと思います。

しかし、給料が高いからといって就職しても継続して働くことができなければ、それはメリットでなくなります。そして、結果的には障害者雇用枠での就労を行い、障害に配慮してもらったほうが長く働くことができ、稼ぐことができたということも十分にあり得ます。

ですので、クローズ就労を検討している方に関しましてはまず、自分に障害に対する配慮が必要ないのかということや症状がどのくらい安定しているのかということをしっかりと考慮しつつ検討を行うようにしてください。

就労移行支援などでもまずは能力の評価を行うことから始まります。

もし、現在就労することに少しでも不安を抱える状況であればまずは就労移行支援事業所などのサービスを利用して、自身の能力を高めることをおすすめします。

さらに、就労移行支援事業所ではオープンでの就労についてやクローズでの就労に関する相談にも乗ってくれますので、1人で抱え込まずに必要なサービスを受けることをおすすめします。

>>【首都圏の障害者におすすめ就労移行支援】支持率トップレベルの事業所

障害者雇用での求人では断トツで私は、オープン就労をおススメします。というのも、現在障害者の就労というのも見直されてきており、サービスも充実してきています。

給料もハイクラスの求人を探せば、一般求人以上の年収を得ることも可能です。『ランスタッド』でも年収一千万の求人が存在するなど高給与が多い印象を受けます。

そのことを考えると障害を周囲に認識していただいて働きやすい環境で無理をせずに働くことが生涯働く中では重要なこととなります。

エージェントの利用は無料ですのでまずは気になるところに登録してみてください。

おススメの障害者エージェント

障害者におすすめエージェント

 

dodaチャレンジ

業界内でも大手の部類に入るエージェント。実際にdodaチャレンジで働いている方の多くは障害のある方であり障害に対する知識も業界トップクラスのエージェントです。(全国で利用可能)

 

詳しくは>>dodaチャレンジの評判は?5つのメリットと1つのデメリット

 

 

障害者雇用バンク

トップレベルの求人数に加え、自宅にいながら求人の紹介を受けることが出来るエージェントです。面接や履歴書の指導・アフターフォローまで充実したエージェントです。

 

詳しくは>>【障害者雇用バンクの評判と口コミ】在宅で探せて求人数がトップレベル

 

ランスタッドチャレンジド

企業規模業界トップ!外資系企業に強く給料アップを目指します。首都圏には精神保健福祉士配属で精神障害にも強いエージェント。(全国で利用可能)

 

詳しくは>>ランスタッドの障害者エージェントの評判や6つの特徴。口コミ

 

 

アットジーピー

障害者の転職支援に特化しており、身体障害・精神障害・発達障害などに特化した支援サービスも実施している専門性が高いエージェント。(全国で利用可能)

 

詳しくは>>at GP(アットジーピーの評判)連絡来ないの真相と面談や料金について

 

トゥモローブライト

正社員での就職実績も多数あり、年収アップも目指せるエージェント。アフターフォローも充実しており、信頼性抜群。(全国で利用可能)

 

詳しくは>>【トゥモローブライト】評判や口コミは?障害者就職のマニュアル