【精神障害におすすめの仕事】本当に向いている仕事内容は? | 就労のアスナロウネット

【精神障害におすすめの仕事】本当に向いている仕事内容は?

障害者の雇用は国を挙げて徐々に発展してきています。

法定雇用率が上がり、さらに精神障害も雇用の対象となるなど、精神障害の方にも大きな出来事となりました。

しかし、現在も障害者就労の問題はかなりたくさんあります。

その問題の一つとして精神障害の雇用はまだ発展途上であることも上げられます。そして、障害者雇用の就職率や定着率はかなり低い状況です。

内定率に関しては就労移行支援やエージェントなどのサービスを利用しない場合は、なんと3%程といわれているのです。

今回は、精神障害者の方におすすめな仕事。離職率や就職率の高い仕事はどのような仕事なのかということを解説していきます。

【精神障害におすすめの仕事】本当に向いている仕事内容は?

精神障害者が得意な仕事と苦手な仕事

まず、精神障害には得意な内容の仕事と苦手な内容の仕事があります。

あくまで多いということですので、みんなが苦手としていたり得意であるというわけではありませんが、是非参考にしてみてください。

得意な仕事の種類

まず、得意といわれている仕事の種類としては以下のような業務が挙げられます。

・マニュアル化されている仕事

・判断力を必要としない仕事

なぜこのような業務内容が向いているのかというと、急な症状の悪化や病院へ行かなければならないという時も代わりがいるからです。

さらに、周囲の方も簡単なミスであればカバーすることが可能であるため周囲との関係も悪くなることは少ないということが挙げれるでしょう。

苦手な仕事の種類

次に、精神障害の方が苦手な業務を解説していきます。単純に先ほどの業務とは逆の内容を上げることが出来ます。

・コミュニケーション能力を必要とする

・マルチタスク

・判断能力が必要となる

精神障害の方の中には他者と関わることが苦手な方もかなり多いです。そのためコミュニケーション能力を必要とする仕事は向いていません。

そして、単純作業ではない複雑な仕事や難しい判断が必要とされる仕事も苦手とし、離職率が高いというデータが出ています。

精神障害者におすすめできない仕事

上記の、精神障害者が苦手とする仕事内容を踏まえ次に、精神障害者におすすめできない実際の職種を紹介していきます。

精神障害者の方におすすめすることが出来ない職種は以下の通りです。

・生産工程

・専門・技術

・サービス

精神障害者におすすめできない仕事

上記の画像は、障害者職業総合センターが出している『精神障害者の離職率が高い職種』です。

まず、生産工程とは生産工程は、原材料、素材、素形材を製品に変換する一連の作業のことを示します。現在は多数の作業方法が存在し、活用されています。

この生産工程は、工場の単純作業とは異なり判断力が必要となり、複雑な工程が存在するものですので精神障害者には向かず、離職率が高くなる傾向にあります。

そして、三つ目のサービス業は典型的なものであり、コミュニケーション能力や柔軟な対応が求められるため困難なものとなっているようです。

これらの職業を見てみると、三か月以内に60%以上の方が退職してしまうケースが多く職種選びが非常に重要なこととなることが分かります。

精神障害者におすすめな仕事

次に、精神障害者におすすめできる職種を紹介していきたいと思います。

精神障害の方におすすめできる職種は以下の通りです。

・事務

・販売

・運搬・清掃・包装等

精神障害者におすすめな仕事

上記も、障害者職業総合センターが出しているデータなのですが明らかに、先ほどの離職率が高い職業と定着率が異なることが分かるかと思います。

特に事務は断トツで定着率が高く、3か月でやめてしまう方はわずか17.4%です。

ほとんどの方が3か月以上事務の仕事を続けることが出来ているのです。事務はマニュアルがあり他の方とのコミュニケーション能力も必要ありません。そこが、定着率が高い理由となっていると考えられます。

次に、定着率の高い販売もマニュアル通りに行っておけば失敗はないので、精神障害者でも続けることが出来ているようです。

3つ目の運搬や清掃・包装も決まったことをすればよい場合が多く、定着率はかなり高いものとなっているようです。

自分に合った仕事を探し、定着率や内定率をアップさせたいのであれば、ぜひ『ランスタッドエージェント』をご利用ください。

精神障害者が仕事をし続けるためのコツ

そもそも、障害者の就職率や定着率は低い状況にあります。

さらに、何の支援も行ってもらわずに一人で就職活動を行った場合はかなり低い定着率になってしまいます。

そうならないためにも、就職を目指す場合は何らかのサービスを利用するようにしましょう。

まず、自分の障害がそのレベルであるのかということを理解して、福祉的就労か一般就労かの判断を行っていきましょう。

障害者が就職する際に考慮すべきステップは以下の通りです。

この中で自分はどのステップにいるのかということを理解することが就職につながります。

ステップ1:就労継続支援B型

ステップ2:就労継続支援A型

ステップ3:就労移行支援

ステップ4:一般就労

もっと詳しく知りたいという方は『【障害者の就職は難しい?】知っておくべき就職活動までの4ステップ』をご覧ください。

そして、どのサービスを利用すべきか分からないという場合には以下のサービスの利用をおススメします。

就職活動のためのおすすめエージェント

>>【2020年の障害者エージェントランキング】本当に使えるのはこの5つ

障害者におすすめエージェント

 

1位:ラルゴ高田馬場

すべてが非公開求人で、身体障害・発達障害・精神障害に分けた対応をしてくれることで就職の確率がより高まります。迷ったらココ。ランスタッドとの同時利用がおススメです。(全国で利用可能)

>>【ラルゴ高田馬場の評判】障害者の就職への近道【アスリートプランニング】

 

2位:ランスタッドチャレンジド

企業規模業界トップ!外資系企業に強く給料アップを目指します。首都圏には精神保健福祉士配属で精神障害にも強いエージェント。(全国で利用可能)

>>ランスタッドの障害者エージェントの評判や6つの特徴。口コミ

 

3位:dodaチャレンジ

業界内でも大手の部類に入るエージェント。実際にdodaチャレンジで働いている方の多くは障害のある方であり障害に対する知識も業界トップクラスのエージェントです。(全国で利用可能)

>>dodaチャレンジの評判は?5つのメリットと1つのデメリット

 

4位:アットジーピー

障害者の転職支援に特化しており、身体障害・精神障害・発達障害などに特化した支援サービスも実施している専門性が高いエージェント。(全国で利用可能)

>>障害者のエージェントatGP(アットジーピー)とは?面談や料金についても。

 

5位:エージェントサーナ

首都圏の方向けのエージェントですが、首都圏の求人数としては多く内定率や定着率もトップクラス。

>>エージェントサーナの評判は?利用するべき4つのメリット

おすすめの就労移行支援事業所

>>【おすすめ就労移行支援】支持率トップレベルの事業所