【精神障害者に接客業は難しい】適している人と大変なことを乗り切る対策 | 就労のアスナロウネット

【精神障害者に接客業は難しい】適している人と大変なことを乗り切る対策

【精神障害者に接客業は難しい】適している人と大変なことを乗り切る対策

精神障害者にとって、就職する際の職種というのは慎重に選ぶ必要があります。

というのも、障害によっては苦手な仕事が存在し、自分の苦手な職種を選択してしまうと入職してからの定着率がかなり低下してしまい。

長い間仕事を続けることが出来る確率が低くなってしまうのです。

特に、精神障害や発達障害では他者との関わりが苦手な方や、ストレスを感じてしまう方が多いので職種選びには注意が必要です。

その中でも、接客業というのは障害のある方にとって非常にハードルの高く、難しい職種の一つです。

今回は、障害者が接客業をするということについて。

接客業をするにあたって、適している人の特徴。そして、乗り切るための対策について紹介していきます。

障害者の雇用はまだ発展途上であることも上げられます。そして、障害者雇用の就職率や定着率はかなり低い状況です。

内定率に関しては就労移行支援やエージェントなどのサービスを利用しない場合は、なんと3%程といわれているのです。

しかし、以下のような『エージェント』や『就労移行支援』を利用することによって就職率や定着率をかなり上げることが出来ますので利用するようにしてください。

【精神障害者に接客業は難しい】適している人と大変なことを乗り切る対策

精神障害者にとって接客業は難しい

先ほども言ったように、精神障害者には得意な仕事と苦手な仕事が存在します。

詳しくは>>【精神障害におすすめの仕事】本当に向いている仕事内容は?

精神障害者が得意な仕事・苦手な仕事は以下のようになっています。

得意な仕事

・マニュアル化されている仕事

・判断力を必要としない仕事

苦手な仕事

・コミュニケーション能力を必要とする

・マルチタスク

・判断能力が必要となる

この、苦手な仕事の条件だけ見ても精神障害者にとって接客業を行うことは非常に難しいといえるのですが、以下のデータを見ていただくとその状況が明確化してきます。

精神障害者にとって接客業は難しい

定着率が低い職種の中には、やはり複雑な生産工程のあるものやとっさの判断力が必要なこと。そして、三つ目がサービス業とコミュニケーションスキルを必要とするものなのです。

精神障害者は接客業を避けるのが無難

先ほどは、精神障害者が苦手な職種を出しましたが次に、定着率の高い向いている職種を見てみましょう。

精神障害者は接客業を避けるのが無難

このように、定着率が高い職種には事務や販売・運搬や包装など単純作業や人とのかかわりが少ない職種がほとんどとなっています。

この結果から、もしあなたが今後仕事を長く続けていきたいというのであるのならば、接客業は避けて事務などの職種を選択するのが無難でしょう。

様々な職種の中から自分に合った仕事を選ぶためには『エージェント』を利用しましょう。

おススメは『DODAチャレンジ』『ランスタッド』です。

まずは、登録して求人を紹介してもらいましょう。

>>DODAチャレンジ公式

ランスタッド公式 >>

精神障害者が接客業を続けるための対策

上記に示したように、精神障害者にとって接客業はかなり難しくおススメはしません。

しかしながら、現在すでに接客業をしている方やこれからしてみたいという方もいるかと思います。そこで、精神障害者が接客業を行っていくための対策をいくつか紹介していきます。

精神障害者が接客業を行う際の対策や注意点は以下の通りです。

・接客をマニュアル化する

・体調が悪いときはすぐに報告・配慮してもらう

・予想外のことが起きた際には相談

接客をマニュアル化する

まず、一つ目は接客をマニュアル化することです。

精神障害の方にとって、マニュアル化された仕事は得意なものです。ですので、接客でもマニュアル化することが出来れば、仕事はグッと楽になりますよ。

客に、これを頼まれたらこの言葉を言う。

これを行う。というように自分の中で対応をマニュアル化しておくようにしましょう。

体調が悪いときは報告・配慮してもらう

精神障害には症状の波があります。調子のよいときや悪いときが存在するのが当たり前なのです。

ですので、もし体調が悪いときにはすぐに上司に報告するようにしておきましょう。障害が悪化して働けなくなってからでは遅いですよ。

そのためにも、まずは職員全員に障害について知っておいてもらうことが重要ということです。

予想外のことが起きた際には相談

精神障害の方は、咄嗟の判断が求められる状況が苦手な場合が多いです。

しかし、接客業では相手が人なだけに様々なトラブルが多い職種となっています。そのような、場合に無理やり対応してしまうと新たな問題が生じる場合があるのです。

ですので、もし何かトラブルが生じた場合にはすぐに上司に相談をするようにしておきましょう。

精神障害者でも接客業ができる人

では、精神障害者でも接客業ができる人はどのような人なのでしょうか?

接客業は精神障害者にとって非常に難しい職種ですが、その中でも向いている人はいます。以下のような方は接客業にチャレンジする価値があると私は考えます。

・人と関わるのが好き

・症状が安定している(主治医に許可をもらっている)

・デスクワーク以外の仕事をしたい

このような、条件に当てはまる方は是非以下のエージェントで積極業を探してみてください。

精神障害者におすすめの障害者エージェントは以下の通りです。

ちなみに、エージェントの利用はすべて無料ですのでまずは登録してみることをおススメします。

おススメの障害者エージェント

障害者におすすめエージェント

 

 

1位:dodaチャレンジ

業界内でも大手の部類に入るエージェント。実際にdodaチャレンジで働いている方の多くは障害のある方であり障害に対する知識も業界トップクラスのエージェントです。(全国で利用可能)

 

詳しくは>>dodaチャレンジの評判は?5つのメリットと1つのデメリット

 

2位:ランスタッドチャレンジド

企業規模業界トップ!外資系企業に強く給料アップを目指します。首都圏には精神保健福祉士配属で精神障害にも強いエージェント。(全国で利用可能)

 

詳しくは>>ランスタッドの障害者エージェントの評判や6つの特徴。口コミ

 

3位:

アットジーピー

障害者の転職支援に特化しており、身体障害・精神障害・発達障害などに特化した支援サービスも実施している専門性が高いエージェント。(全国で利用可能)

 

詳しくは>>at GP(アットジーピーの評判)連絡来ないの真相と面談や料金について

 

4位:エージェントサーナ

首都圏の方向けのエージェントですが、首都圏の求人数としては多く内定率や定着率もトップクラス。首都圏の方におすすめのエージェント。

 

詳しくは>>エージェントサーナの評判は?利用するべき4つのメリット

 

5位:ラルゴ高田馬場

求人数はほかのエージェントに劣るものの、そのほとんどは非公開の求人であり、ほかでは見ることのできないレアな求人が多数存在するエージェントです

 

詳しくは>>【ラルゴ高田馬場の評判】障害者の就職への近道【アスリートプランニング】